top of page

ハンドメイドレザークラフトを始めたきっかけとTHESEUSの始まり2

2023・06・02



前回は幼少期から社会人までの革の思い出をお話させて頂きました。

ここからレザークラフトマン(革職人)を目指し、LEATHER FACTORY THESEUSと名前を付けて活動するお話をします。


実は社会人になる前、父親が生粋の家具職人だった為私も家具職人になろうと思っていましたが、これからの時代を考え父親に反対され、私も納得し会社員になりました。

でも、心のどこかで職人に憧れていたと思います。


そしてある時、これだけ革が好きなら自分で財布や革小物を作ってみたい!と思い、倉庫にあった大工道具の木槌、キリ、カッターナイフで使っていない革小物を解体し、何もわからないままやり始めました。


その頃、パソコンは持っておらず、作り方の情報もなく製品を見て真似ようとしていました。

結果はお分かりのように、上手くいく訳がありませんでした。

でも楽しかったのを覚えています。

ここで大きな決断をしました!



よし!アメリカに行こう!!

この時は革職人の仕事にするとかではなく、革製品を作れるようになりたい!それだけでした。

会社を半年後に辞める準備をして、アメリカに行く決意をしました。

革の勉強にアメリカに修行とは、今考えれば少し行く国が違う気がします。

ただ、アメリカに親戚が住んでいたのと、私の情報収集不足でアメリカに行けば何とかなる!と思っていました。


でも運悪くというか、アメリカに行く一か月前ぐらいに9・11が起きたのです。

航空会社から飛行機には乗せられない、アメリカの親戚からは来ない方がいいと言われ、断念するしかありませんでした。

もう会社を辞めてしまっていたので、途方にくれました。



でもあきらめない!!

それでもやりたい気持ちは変わらず、大きくなるばかりでした。

よし!日本で何とかしよう!!そう思い、足で情報収集することにしました。

革製品を製造している所、オリジナル商品を出しているお店など飛び込みで話を聞きにいきました。

ほとんどが門前払いでした。そらそうですよね。今思えばアポも取らずいきなり質問してくるのですから。


でも、ご親切の方もおられ地元に一件だけ革材料・工具を販売しているお店がある事を教えて頂きました。

この時、このお店の店主と今でも続く長いお付き合いになるとは思っていませんでした。


会社を辞めお金もなく、パソコンを手にいれるのはずぅーっと後でした。


地元のお店に行き、工具を買い使い方を教わり自分で試してみる!その連続でした。

売っている革製品を見て、ここをこうするにはどうゆう工具がいって、どのようにするのか?とたずね教えていただく、それが唯一の情報であり方法でした。

そしてアルバイトをしながら夜が明けるまで試行錯誤する毎日でした。

睡眠は3時間ぐらいでしたが、楽しくてしょうがなかったのを覚えています。


最初は、自分の簡単なコインケース、キーケースなどを作っていました。

ある程度大した物ではなかったですが、型紙、切る、縫う、コバを磨く事は出来るようになり、ある時夏前という事もあり、蛇革・トカゲ革を使い自分のバングルを作りました。

これが、テセウスのきっかけになるとは全然思っていませんでした。



革製品を販売する

作ったバングルは自分では凄くいい物が出来たと思い、そのバングルの意見を聞いてみたいと思い、その当時お世話になっていた理容店の店主の先輩に見せに行きました。

その先輩は生粋のバイク乗りで、レザー製品を沢山持っていたので、評価を聞きたかったのです。


理容店はとても繁盛しており、いつもお客様でいっぱいのお店です。

お客様がいらっしゃいましたが見てくださり、「これいいね!僕のもつくってよ」と言って下さり、すごく嬉しかった!


すぐ帰り、喜んでテンション高く直ぐに先輩のバングルに取り掛かり、次の日には納品にいきました。

先輩にお渡しすると直ぐに付けて下さり、しかもお代まで頂きました。

まさかお代まで頂ける先輩のはからいに驚きと、今思えば【がんばって】という激励だったのかなとおもいます。

これが私のつくった革製品の販売第一号です!


そしてそのやりとりを見ていた理容店のお客様が、「それは販売しているのですか?私にも売ってくれませんか?」とお声を掛けてくれたのです。

びっくりです!!

そこで先輩が、「何本か作ってお店に飾ってあげるよ!それで欲しい方がいれば販売しとくよ」と言ってくれました。

これまたびっくりです!!!

うれし過ぎてアタフタしたのを覚えています。

(後にこのバングルは、理容店だけで30本以上うれました。)


これがきっかけとなり、私が作った革製品を販売することとなったのです。

まだこの時はブランドネームなどついていませんでしたが、LEATHER FACTORY THESEUSへとスタートをきり、今年で21年目となりました。


沢山の方に革を通して出会い、助けられ、皆様にささえで生まれ21年も続くテセウスとなりました。

改めて、皆様本当にありがとうございます!


最後まで読んで頂きありがとうございました。



和歌山県和歌山市で活動しているLEATHER FACTORY THESEUS(テセウス)では、ハンドメイドレザークラフトにプライドとこだわりをもって、私一人ですべての工程を行い革製品製作しております。

主に財布や小銭入れ、ベルトなど受注生産しています。

セミオーダーやフルオーダーもご相談お受けいたします。

ご質問やご相談、製作依頼などお気軽にお問合せくださいませ。


おしゃべり大好きなので雑談もオッケーですよ!お待ちしています!

留言


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page